スマホ向け表示はこちら

カラフルでハッピーな世界をつくろう!

木部くされ

木部の腐れ

木部腐れ腐れとは、木材腐朽菌によって木材質が分解した状態にあたります。 腐朽菌によって木材の成分が分解されていくと、木材の乾燥重量が減少し ます。腐朽が進行し、健全なときの重量に対する重量減少が50%に達すると、もはや木材の強度はゼロになり、住宅の場合ですと非常に危険です。このように木部が腐れないよう、対策を取らなけらばなりません。

木部の腐れ対策

木材腐朽菌が増殖しないよう防腐処理を施した木材を使用することが効果的です。木材の防腐処理には、防腐薬剤を木材の表面に塗布する方法もありますが、防腐工場で加圧注入により木材の内部まで防腐薬剤を注入する方法があります。防腐薬剤加圧注入の方が非常に優れています。しかし実際には、建築現場での継ぎ手や仕口加工をする際に防腐薬剤が浸潤していない部分が表面に出てきますので、油溶性の防腐薬剤を塗ることが必要です。

効果

①優れた防虫・防腐効果 木部に有効成分が浸透し、腐れ、カビ、虫喰いを内側からガードします。
②高い耐候性 雨や日光による劣化・退色に強く、長時間にわたって鮮やかさを保ちます。
③自然な仕上り 表面に余分な塗膜をつくらないので、木肌の自然な美しさが引き立ちます。
④塗りやすさ抜群 ハケさばきが良く、ムラになりにくいので、塗装作業が簡単です。

用途

羽目板・下見板・焼き杉かべ(色あせ時)・破風・鼻かくし・軒天井・雨戸・戸袋・窓枠・窓格子・ヌレ縁・ベランダ・門扉・板べい・ログハウス・バルコニー・木棚・パーゴラ・ウッドデッキ・ラティス・ガーデンテーブル・ガーデンチェア

お問合せ