スマホ向け表示はこちら

価値のある提案を通じて産業の発展と生活文化の向上に貢献

塗料の豆知識

塗料では、汚れを自然に落としてくれる光触媒塗料や、燃えづらくする耐火塗料、さらには省エネ効果のある遮熱塗料、耐用年数を長くしてくれるフッ素樹脂塗料など、いろいろな機能・用途があります。部位、立地条件、ご予算などでマッチする塗料は変わってきますが、専門アドバイザーがベストなアドバイスを行いますのでぜひお問い合わせください。

 

お勧めの塗料

光触媒塗料

光合成の作用のように、光(紫外線)があたることで付着した汚れを分解。付着力の弱くなった汚れを雨が洗い流してくれるため、きれいな外壁を守ります。さらに、防菌効果、空気浄化効果、防カビ効果もあり、一般的な塗料よりも耐用年数も長くなります。

 

実験

普通の窓(左)と光触媒塗料が塗られた窓(右)にペンキを塗って、雨を流してみました。

光触媒before



矢印
光触媒_after



矢印
光触媒_after
 矢印 右が光触媒塗料を塗った窓    矢印 雨の力で簡単に汚れが    矢印 流れてこのとおりきれいに♪

 

動画を見る

光触媒塗料詳細はこちら

 

耐火塗料

火災時に発泡して断熱層を形成し、倒壊から保護する塗料。燃えづらく、火の回りを飛躍的に遅くしてくれます。

 

特徴

火災により表面温度が約200~300℃に上昇すると発泡が始まり、下図に示すような過程を経て当初の乾燥膜厚の10~20倍の気相含有断熱層を形成し、耐火性能を発揮します。

常温 200℃ 300℃ 400℃ 500℃ 600℃
矢印 常温
火災発生
矢印 200℃
塗膜の軟化
矢印 300℃
塗膜の膨張
(ガス発生)
矢印 400℃
塗膜の反応
(炭化層の形成)
矢印 500℃
徐々に灰化
矢印 600℃
灰化

耐火塗料詳細はこちら